/サンレホルム
サンレホルム






















イメージ

『レホルム』とは「改革」「改善」を意味するドイツ語。英語の「リフォーム」に当たり、19世紀末、産業革命による急速な工業化を憂慮した人々が、人為的に悪化した環境や生活習慣を元の姿に戻そうと唱え始めた自然回帰運動のこと。意思や学者、市民らが各地で起こる深刻な健康問題や公害問題の被害を訴え、やがて国を挙げての運動となりました。


化学薬品による治療の前にまず考えるべきことは、自然薬による予防。

こうした精神を広く普及させるきっかけとなったのが、1887年、ベルリンに生まれた「ベルリン健康センター」でした。ここでは有機農法で造られた食品の販売のほか、食生活改善のアドバイスなどを行っていましたが、これが原型となって後に「レホルムハウス」が誕生することになるのです。

現在、「レホルムハウス」はドイツ国内に約3,000店以上を数えます。  120余年に及ぶ成長を支えているのは、ここで販売される自然薬品・機能性食品・自然は化粧品といった「レホルム製品」に課せられた厳格なまでの品質管理。防腐剤や添加物、残留農薬など安全面に関わる検査では、ドイツの法定基準よりさらに厳しい独自の基準を定め、これをクリアした製品のみに「レホルム製品」としての証である「ノイホルム・マーク」を付けることが許されるのです。

レホルムハウスで働くために、ハッファアガデミーで2年間(全寮制)で学び資格をとらなければなりません。