/サンレホルム
サンレホルム






















イメージ
レホルム運動とは
シリシア
シリシア

スーパーアンチエイジング商品として日本でも大注目されている超微粒子《シリシア》ってなに?

内容量:1箱 / 500mL(約45日分)
1箱 10000 円(税別)


ドイツの健康雑誌「クリーア」に掲載された「シリシア」体験者の言葉

ドイツ自然薬の歴史をもち、10年以上もレホルムハウス (健康専門店。2000店舗を有し6000種類を扱う)で売り上げナンバーワンを記録したり、 ドラッグストアなどで売り上げ好調を維持し、ドイツで最も売れている健康・美容食品の一つに上げられています。

そこで、その人気の秘密を総合的に探ってみました。

私たちの体内には、およそ18gのケイ酸が含まれていますが、20代後半になるころから人体はケイ酸を蓄える力を失っていきます。
主成分は、生命体の必須微量要素であり、人間の体にも重要で不可欠な成分“ケイ酸”です。 さらにケイ素は微量になった状態(コロイド状)で全ての結合組織の中に存在して、 コラーゲンの生産やグリコサミノグリカンを増やしたり、エラスチンの形成を助けたり、さらにアミノ酸の形成に決定的な作用を及ぼします。

《シリシア》は、その“ケイ酸”を100%天然の素材から独自の製法で超微粒子化したコロイド状のケイ素ジェルです。
ケイ酸含有商品は他にもありますが、保存料や安定剤を含まず、 微細なコロイド状のケイ素ジェルを製造することができるのはヒュプナー社だけです。
ドイツ国内だけでも年間200万本も販売されており、EUをはじめアメリカ、カナダ、オーストラリア、 日本など世界35カ国に輸出されています。

ケイ酸が不足している場合すぐにわかります。

例えば、爪が割れたり裂け易くなり、髪が傷んでいる、肌にシワが多くくすんで見える、 結合組織がたるんでいる、オレンジ肌や静脈瘤がある、コラーゲンやコンドロイチンを飲んでいるが一向に良くならない、 などと言った方にコロイド状の微細なケイ酸ジェル《シリシア》です。



ケイ酸は体内では作り出せないため、規則的にケイ酸を含む食品を摂取することが薦められています。
栄養学的には毎日10〜30mgのケイ酸が必要です。

その違いは粒子の大きさにありました。

一般的なケイ酸や珪藻土は、コロイド状に微細化されたケイ素ジェルとどのくらい大きさに違いがあるかというと、 微細化されているケイ素ジェルは一般的なケイ酸に比べ1800分の1の大きさしかありません。

これは体内への吸収が良く結合組織への供給が容易になるのです。
つまり1つの分子が300の水分子と結びつくのでより多くの水分や栄養素が細胞に運ばれます。
よって結合組織の細胞に水が含まれ、シワが目立たなくなり、栄養素が吸収されます。
体内への効果や肌・髪・爪への効果は、ドイツはもちろんアメリカやフィンランドでも、臨床試験や科学研究で実証されています。



一般の珪藻土は粒子が大きいのに比べ、コロイド状の微粒子ケイ素ゲルは粒子が細かく吸収がはるかに良くなります。
(例えると1gでサッカー場に匹敵)

肌や体のハリやツヤ、肌や体が若々しく美しい、体の節々まで元気、自己治癒力を高く保つなど、美と健康を支える商品として売り上げナンバーワンを保って来たのです。





「シリシア」は、GMP基準に基づく工程で製造されています。
高い品質基準に基づき、製造室内は常に清浄に保たれています。
製造工程は完全にオートメーション化されており、中央のコンピュータでコントロールされています。
最後に無菌状態で、最新の装置で容器に充填されます。



シリシアジェルは1gでサッカー競技場の表面積で反応するため、体内に侵入した病原菌などと結合し、それを無害化して傷の分泌物と結合して傷の損傷を修復する。また、ケイ酸は細胞組織の再生をうながす働きがあるのです。